北国の老人日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 不本意な自損事故で、九死に一生

<<   作成日時 : 2018/02/13 17:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長い間、更新お休みさせて頂きました。不本意ながら自宅の風呂の脱衣場で「意識を失い、頭頂部と左上腕骨を強打してしまいました。
意識が戻ったのは救急病院のベットの上でした。とにかく前後のことは全く覚えておりません。倒れてから娘が見つけてくれた時間経過も全く分かりません。
付いた病名は、左上腕部の骨折、後頭部.脳座傷,、低体温症

救急車で入院してから19日目の昨日退院しましました。体調はほぼ前回しました。左り腕は当初固定するだけでとの方針が途中で手術になったため目下術後7日目ですので、まだ固定しています。
問題は脳の認知機能障害です。当初の1周間くらいは、なんと「カタカナ」「漢字」「平仮名」の一部が読めませんでした。例えば「ア」と「マ」の読みが出てこない。10日目ごろから少しずつ回復してきましたが、未だ十分ではありません。また、左右の目の焦点が合わず、心配しておりましたが、3〜4日前から大分解消してきておりますが完治には至っておりません。
このブログも「ローマ字入力」は大丈夫ですが変換した日本語が正しいか不安です。小学生の漢字が読めないとは情けない話しです。

今回の自損事故では、娘たちに大変な面倒をかけて深く反省し、教訓にして2度と同じ過ちを起こさないよう心に銘じているところです。

そんなことで長い間、ブログの更新が遅れてしまいました、今後リハビリを兼ねて更新に努めたいと思っております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

不本意な自損事故で、九死に一生 北国の老人日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる